Just in time.

 

 

 

 

 

 

 

 

最近引きがイイんだよな。

 

 

 

なんちゅーか、

 

自分がたまたま考えてたり、調べてたり、

 

”〇〇だったらイイなぁ。。。”って思ってる事がイイ感じで実現したりさぁ。

 

 

 

要は運がイイっていうか、タイミングがイイっていうかだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁぁぁ今ちょっとツイッターの方でひと盛り上がりしてきちゃったww

 

 

 

山田詠美の小説に関して。

 

あぁ、ムネアツ涙目だわぁ。。。。。。

 

 

 

やっぱ、女ってイイよねぇ。。。ツラい事の方が多いけど、

 

Sisterhood的な感覚がねぇ。。。芽生えるんですよね、やり取りする界隈で。

 

 

多分それは、男たちのそれよりフワッと軽くて臨機応変で、かわいくてめっさイイ💜

 

 

 

”真の女の友情なんて無い” とかっていうのは、

 

男どもから植え付けられた、あいつらに都合のイイあいつらの理想だからな。。。鵜呑みにするなよ!w

 

女にモテないクソオスどもが流布した都市伝説だ。

 

 

自分の直感を信じろ、女子!!

 

 

 

 

あぁ。。。語りたい、フェミニズムを。

 

でもなぁ。。。自分にはまだ早いな、きっと。

 

 

 

 

てかぶっちゃけ、

 

【フェミニズム = ヒューマニズム】

 

だからな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、

 

なんでタイトルが【Just in time】かというと、

 

 

こないだから何気に考えてた事が、それこそトントンと色々情報得られたからさ(^_^)v

 

 

 

 

前回書いたやん?

 

 

アミのメンタルヘルスを管理してくれるツイッターアカウントがあるよって。

 

 

ソレってすんげぇイイ!って思わなかった?

 

 

 

それがどこ発信かは知らんけど。。。ってその時書いたんだけど、

 

恐らくコレってやっぱ、ビッヒ発信な気がするわ。

 

 

 

 

 

 

まず昨日の夜、

 

バンタンのVLIVE配信があって、今回はバンタンが演技をするっていうテーマで、

 

まずは韓国の人気ドラマの名場面の一部を各メンバーが演技して、

 

誰が上手いか。。。とかから役柄とか決めて実際演じてみようっていう企画でね。

 

 

くじ引きで誰がどのドラマのどんなシーンの台詞を言うか。。。みたいなんで盛り上がっていたんだけどさ。

 

 

もちろん、内容自体がめっさおもしろくってキャッキャしながら観てたけど、

 

 

途中で、

 

 

”おぉ。。。やっぱそうなのか?それ、詳しく知りたいなぁ。。。”

 

って思う事が出て来てさ。

 

 

 

 

バンタンメンバーが、じゃぁいざドラマの準備しましょうってなって、

 

俳優として演じる以外、それぞれ裏方の仕事の役割も決めようってなって、

 

その裏方仕事の項目を7つ挙げて、あみだくじで決めるんだけどさ。

 

 

その、みんなで色々言い合って出てきた仕事の項目の中に、

 

『メンタルヘルス』ってのが、誰からともなく普通に出てきて、

 

「あ、そうだねぇ、メンタルヘルス大事だよねぇ。。。」ゆーて、普通に項目に書き込んでてさ。

 

 

 

 

そこにめっさ食いついたんだわ、あたし。

 

 

”あぁ、彼らの中では仕事に『メンタルヘルス』って普通にあるんだなぁ。。。” と。

 

 

 

あぁいう感覚が普通に出てくるって事は、

 

きっとちゃんと彼らは、事務所からメンタルヘルスケアを受けてるんだって思って、

 

めっさ良かった~~って思うのと同時に、

 

 

韓国のエンターテインメント業界全体的にそうなのか?。。。とか、

 

でもなぁ。。。未だに時々、韓国の芸能人が自殺しちゃったり、未遂で済んだけどハラちゃんのついこないだの一件もあるしなぁ。。。

 

 

必ずしも全般ではないのかなぁ?。。。どうなってるのか知りたいなぁ。。。って。

 

 

 

事務所の方針とかで色々違うのかなぁ。。。とか、考えていたんだよね。

 

ビッヒはどうなってるんだろうなぁ。。。?って。

 

 

 

 

そしたら今日、

 

めっさタイミングよく、ツイッターにこの記事が流れてきたんだ。

 

 

m.entertain.naver.com

 

 

あら。。。設定したんだけど、日本語訳にならないねぇw

 

 

 

あぁ、では、

 

グーグルの翻訳アプリで訳した文章をここに載せますね。

 

(※以下、上記記事を翻訳アプリにかけた後、若干日本語にした時に意味不明な部分を前後の文章を元に意訳したりしたものです)

 

================================

 

「スターメンタル管理」防弾少年団育てビッグヒットで学べ

 

[イーデイリースターinキムウング記者]:

 

芸能人メンタル管理の重要性がますます高まっている。

今「メンタルケア」は、芸能人本人と事務所にとって、選択ではなく必須だという指摘が出ている。


芸能人は職業の特性上、微細な感情に集中して、これを最大化する人が多い。

感情移入度が格別だとすると、うつ病などの各種心理的衝撃に敏感に反応する傾向を見せる。

それだけではなく、大衆の前に出る職業は”荒らし”などの攻撃にさらされることも多い。

最近ガールズグループ カラ出身のハラは、うつ病の症状を見せ、

極端な行動の選択を試みたことが知られ、衝撃を与えたりした。

ある程度顔が知られるようになると始まる、各種の誘惑も克服すべき対象である。

 


各会社が、所属芸能人相手の荒らし、フェイクニュース流布などについて、

強硬な対応をするために最も優先すべきことは”芸能人自らのメンタル強化”だ。

 

強いメンタルを備えるのは本人の努力だけでできるものではない。

所属事務所のサポートが必須だ。


過去2013年のデビュー以来、急速に成長して、現在は世界的なスターダムに上ったグループ『防弾少年団』と、所属事務所『ビッグヒットエンターテインメント』(以下、ビッグヒット)が、「メンタル管理」の面で業界のロールモデルに選ばれるに値する。

 

ビッグヒットは所属芸能人らのメンタル管理のためのシステムまで備えていることが分かった。

ビッグヒットの関係者はこれについて、「内部動作と関連して開示しないのが原則だ」と述べた。

 

しかし、業界ではビッグヒットは防弾少年団が本格的な人気を得る前の新人時代から、メンタルケアに気を使ってきたことで、すでに有名だ。

パン・シヒョク ビッグヒット代表が、早くからアーティストメンタル管理の必要性を感じて投資をしてきたものである。

歌謡界のある関係者は、ビッグヒットのアーティストメンタル管理方式について、

「一般的に、”アーティストたちが人気を得た後で神経を使う” 他の事務所との

”マネジメントの差別化” がポイント」と評価した。

 

この関係者は、「メンタル管理は、精神的な側面の問題を習慣的に見ていかなければならない」とし、

「いざ必要な時点になって専門家に依頼をしても、本人が受け入れられない場合が生じ、効果が減ることがある」と述べた。

普段相談を受けながら、心理的な安定を保って不安定な状態の場合、精神科診療などを受けることに慣れていると、スターになってからも気兼ねがない。

一方、スターが後になってようやくその管理を受けるなら、拒否感を持つこともあるというのが、この関係者の説明だ。

ビッグヒットは、特に最近では、アーティストのメンタルをはじめ、全体的なコンディションを管理するチームまで構成と伝えられた。

世界的なスターになってもまだ歌手として活動に専念して、ファン層であるアミの前では限りなく謙虚な防弾少年団のメンバーたちの靭性的な自己管理は、このような所属会社のメンタル管理が寄与した部分も大きいと観測される。

 

ビッグヒットは、防弾少年団がデビュー後初の専属契約満了になる2年前の昨年、

メンバー全員が7年再契約を結んで注目を受けたその分、マネジメントの満足度が高いという傍証でもあるはずだ。

Kポップをはじめ、韓国エンターテイメント産業がグローバル市場での影響力を拡大している今、大ヒットのマネジメント方式は他の事務所が参考価値が十分だという指摘だ。

キムウング(cowboy@edaily.co.kr)

 

================================

 

(※pcからだと問題ないけど、スマホから見るとちょこっと漢字が日本の漢字じゃない変換になっちゃってるの、直せないんだけどご容赦ください。。。)

 

 

 

 

以上となります。。。

 

 

いかがでしたか?この内容。

 

 

 

あたしは、今の時点で自分の知りたい事が知れて、とても納得いくものだった。

 

 

ホント、今この記事読めてよかったなぁ~~~って思ってて。

 

バンタンにはちゃんと、メンタルをケアしてくれる人たちがいるんだって、安心した💜

 

 

 

 

その前からちょいちょい、

 

バンタンメンバーのちょっとした発言とかから、

 

何となくしっかり後ろに専門の大人たちがついているんだろうなぁ。。。って感じていたのもある。

 

 

 

ジンニムがVLIVEでオンラインゲームしてる時に、ゲームに参加してきてわざとジンニムに悪口の個人攻撃する輩が現れた時、

 

あと、

 

ユンギがVLIVE上のチャットで、アミから荒らしに対して心配された時、

 

 

彼らの反応が至って冷静で、

 

しかもちゃんと対応のデフォルトがあるんだっていう事を、簡単にだけどアミに説明してくれていたからね。

 

 

 

 

 

 

こないだの契約更新時に、バンタン専門のスタッフが100名増員されたって聞いた時、

 

あぁ、多分メンタルケア的な事とかきっと充実させるんだろうなぁ。。。思って。

 

あとはやっぱ、各国専門のスタッフだろうね、きっと。

 

 

 

 

6月から日本にビッヒジャパンが正式に立ち上がるしね。

 

多分、日本だけじゃないでしょ?だから100名なんだろうって思う。

 

世界で活躍し続けるっていう事は、そういう事だ。

 

 

 

だとしたらあの、

 

各国で違うファンダムの感覚というか、

 

せめて本国のマスターアミたちの立ち位置が、ちゃんと他の国でも認知されるようになるといいなぁ。。。

 

 

なかなか難しい事かもしれんけど、

 

韓国マスターさんたちがいたからこそ、今のバンタンがあると言っても過言じゃないはずなんで。。。

 

 

 

 

そう言いつつも、

 

海外のファンダムもやっぱイイんだよねぇ。。。あたしにとっては。

 

 

今日もなかなか感動的なやり取りができたし。

 

今はアミみんな、ウェンブリーに気持ちが行ってる状態で、ソレでいいと思うよ💜

 

 

みんなでウェンブリーを盛り上げる!(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、ねもい(  _*`ω、)_

 

んじゃ最後に、夕方うpされたバンタン動画をどうぞ♪

 

多分、今年の2月位の時のものだと思うんだけどね。。。

 

 

www.youtube.com

 

 

ここに映ってる、楽屋に訪ねてきてくれたお客さんが誰か分かるかい?w

 

韓流詳しい人なら簡単だよねぇ~~~ん(´ω`*)

 

 

ちな、あたしも前にここに何回となく彼の名前は書いてるよ♫

 

 でも最初にコレ観た時、あたし勝手にJKのお兄ちゃんだと思ってたwww