《2》đŸ‘ģ

 

 

 

 

 

 

昨æ—Ĩぎįļšãã‚’書きぞしょうかね。。。

 

ã„ãĄã”éŖŸã„ãĒãŒã‚‰ã€‚ã€‚ã€‚đŸ“

 

 

 

 

 

では、ė‹œėž‘ !!!đŸ‘ģ

 

 

 

 

 

BįžŽã¨ã‚たしは、Aå­ã‹ã‚‰å€Ÿã‚ŠãŸéƒ¨åą‹į€ã‚’ãƒĒビãƒŗグでį€æ›ŋえたīŧˆæ€–いからīŧ‰ã€‚

 

そぎ垌はæšĢく、ビクビクしãĒがらもお喋りãĢčˆˆã˜ãĻ、

 

そぎ間、į‰šãĢナップéŸŗもãĒくポãƒĢã‚ŋãƒŧã‚Ŧイ゚トįžčąĄã‚‚ãĒかãŖãŸã‹ã‚‰ãĄã‚‡ãŖと気を抜いãĻしぞãŖãĻいた。

 

 

 

朝éĸ¨å‘‚洞ぎBįžŽäģĨå¤–ã¯ã‚ˇãƒŖワãƒŧをæĩ´ãŗるäē‹ãĢしãĻ、A子が先ãĢã‚ˇãƒŖワãƒŧをæĩ´ãŗた。

 

A子ãĢヘãƒŗãĒäē‹ã¯ãĒかãŖãŸã‹čžã„ãŸã‚‰å¤§ä¸ˆå¤ĢだãŖたãŖãĻいうから厉åŋƒã—ãĻīŧŸã€‚。。いや、

 

åŋĩãŽãŸã‚ãĄã‚ƒã‚“ã¨įĸēčĒã—ãĻãŋるäē‹ãĢした。

 

バ゚ãƒĢãƒŧムãĢčĄŒãã€æ˜Žã‹ã‚Šã‚’ã¤ã‘ãĻå‘¨å›˛ã‚’čĻ‹å›žã—ãĻãŋると、

 

 

あãŖた。。。。。。。。。。。。

 

 

 

 

「うわぁぁぁぁぁぁぁãŖãŖãŖīŧīŧīŧã€

 

 

 

思わずåŖ°ãŽãƒœãƒĒãƒĨãƒŧムãĒんãĻ気ãĢせず大įĩļåĢしãĻしぞãŖた。

 

 

ã‚ˇãƒŖワãƒŧヘッドがかけãĻあるホãƒĢダãƒŧと夊äē•ãŽé–“ぎåŖãĢ、ã‚ŦッツãƒĒäēēぎ手型がついãĻã„ãŸã‹ã‚‰ã đŸ¤š

 

éģ’ãŖãŊいようãĒ、čĩ¤ãŖãŊいようãĒ、čŒļ色īŧŸīŧŸã€‚。。とãĢかく不気å‘ŗãĒč‰˛ãŽæ‰‹åž‹ã€‚

 

ぞさか、きれいåĨŊきぎA子がこんãĒäē‹ã‚’するはずもãĒい。

 

 

 

あたしぎįĩļåĢã‚’čžãã¤ã‘ãĻA子とBįžŽãŒé§†ã‘つけãĻきたから、手型を指さしãĻã‚Ŧã‚ŋã‚Ŧã‚ŋ震えãĻいると、

 

Aå­ãŒčĄ¨æƒ…ã˛ã¨ã¤å¤‰ãˆãšããŽæ‰‹åž‹ãŽãã°ãĢ寄ãŖãĻ行ãŖãĻã€ããŽæ‰‹åž‹ã‚’ãĄã‚‡ãŖとč§ĻãŖた。

 

 

「えぇぇぇぇãŖãŖīŧīŧã‚„めãĒãŖãĻA子īŧå‘ĒわれるかもãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧãƒŧãŖãŖãŖīŧīŧīŧã€ãŖãĻBįžŽã¨å¤§é¨’ぎしたんだけお、

 

A子はč‡ŗãŖãĻå†ˇé™ã€‚ã€‚ã€‚ããŽæŒ‡ãĢついたもぎぎ感č§ĻをįĸēかめるようãĢ、čĻĒ指とäēēåˇŽã—æŒ‡ã‚’å‹•ã‹ã—ãĻいたかと思いきや、

 

「くãŖそãŖīŧãƒŠãƒĄã‚„がãŖãĻ。。。」

 

ãŖãĻAå­ãŒčˆŒæ‰“ãĄã—ãĻã‹ã‚‰č¨€ãŖた。

 

 

 

「多分ã‚ŗãƒŦ、į ‚か土だãĒã€‚ã€‚ã€‚čĄ€ãĒらイイさ、æĩã›ã°įĩ‚わる。でもį ‚や土ãŖãĻæĩã—ãĻもį˛’が排水įŽĄãĢæēœãžã‚‹ã€‚。。

 

排水įŽĄãŽčŠ°ãžã‚ŠãŽåŽŸå› ãĢãĒるし、掃除だãŖãĻ大変ãĒんだよ。。。

 

くãŖそ、あいつ、怖がるåŽĸがæĨãĻるからãŖãĻčĒŋ子ãĢ䚗りやがãŖãĻ。。。」

 

 

 

 

Aå­ãŽéĄ”ã‚’ãƒãƒŠãƒƒã¨čĻ—くと、äģŠãžã§ãĢčĻ‹ãŸäē‹ãĒいようãĒéŦŧぎåŊĸį›¸ã‚’しãĻいた。。。いや、

 

éŦŧãŖãĻいうよりčˆŦč‹ĨぎéĸぎようãĒåŊĸį›¸ã ãŖた。

 

 

そぎ様子をčĻ‹ãĻ、

 

â€œã‚ãã€æã‚ã—ã„ãŽã¯æĄˆå¤–åšŊ霊よりもA子かもしれãĒい。。。”ãŖãĻã€ãĄã‚‡ãŖとč„ŗčŖã‚’過ãŖた。

 

 

 

震え上がるBįžŽã¨ã‚たしをバ゚ãƒĢãƒŧムãĢ掋し、

 

A子はドã‚Ģドã‚Ģと大きãĒčļŗéŸŗをたãĻãĻäž‹ãŽå°éƒ¨åą‹ãĢå…ĨãŖãĻいãŖた。

 

 

 

äŊ•ã‚„らドã‚Ģドã‚Ģと大きãĒéŸŗがäŊ•å›žã‚‚čžã“ãˆãĻ。。。おうやらA子はクロãƒŧã‚ŧットぎドã‚ĸã‚’čš´ã‚Šå€’ã—ãĻいたようだ。

 

 

 

そしãĻ間éĢĒå…ĨれずA子ぎäŊŽã„åŖ°ãŒčžã“えãĻきた。。。

 

 

「おいã‚ŗナīŧãĻめぇčĒŋ子ãĢ乗ãŖãĻんじゃねぇぞīŧčĒ°ãŒã‚ã‚“ãĒéĸ¨ãĢæąšã—ãĻイイãŖãĻ言ãŖたīŧŸ

 

いたずらとåĢŒãŒã‚‰ã›ãŽåŒēåˆĨもつかねぇぎか、ãĻめぇīŧ

 

ã‚ŋダでäŊãžã‚ã›ãĻもらãŖãĻる分際でマナãƒŧį„ĄčĻ–かよīŧãƒžã‚¸é™¤éœŠã™ãŖぞゴãƒĢã‚Ąãƒƒīŧīŧã€

 

 

 

 

バ゚ãƒĢãƒŧムから一é€ŖãŽæ§˜å­ã‚’čžã„ãĻいたBįžŽã¨ã‚たしは、すãŖかり震え上がãŖた。。。A子ãĢ。

 

 

あたしīŧšã€Œãˆã€æ€’ãŖãĻるīŧŸã€‚。。åšŊ霊ãĢīŧŸīŧŸã€

 

BįžŽīŧšã€Œãˆã€å¤§ä¸ˆå¤ĢãĒぎīŧŸåšŊ霊も反įœãŖãĻしãĻくれるぎīŧŸīŧŸã€

 

あたしīŧšã€Œãˆã€ã‚ã‚“ãĒãĢ言ãŖãĄã‚ƒãŖãĻ、逆ãĢå‘ĒわれたりしãĒいīŧŸīŧŸã€

 

BįžŽīŧšã€Œãˆã€ãĻかA子ãŖãĻあんãĒ感じだãŖたãŖけīŧŸã€‚。。え、Aå­ãŽã‚¤ãƒĄãƒŧジ崊れたんですけおぉぉ。。。」

 

 

 

 

 

2äēēでåēŠãĢペã‚ŋãƒŗとåē§ã‚Ščžŧんでã‚ŗã‚Ŋã‚ŗã‚Ŋ喋ãŖãĻいたらAå­ãŒéƒ¨åą‹ã‹ã‚‰å‡ēãĻきた。

 

 

 

「ごめんね。。。多分、晎æŽĩあたしがぜんぜん怖がらãĒã„åˆ†ã€ã‚ã‚“ãŸãŸãĄãŒååŋœč‰¯ãæ€–がãŖãĻくれるから、

 

ã‚ĸãƒŦã‚‚ãĄã‚‡ãŖとå›ŗãĢ乗ãŖãĄã‚ƒãŖたんじゃãĒいīŧŸ

 

ã§ã‚‚ã•ãã€å…ąåŒį”Ÿæ´ģぎãƒĢãƒŧãƒĢãŖãĻもぎをäģŠã—ãŖかりäŧãˆãĻおいたから、多分もぅ大丈å¤Ģ。」

 

 

 

BįžŽīŧ†ã‚たしīŧšã€Œã‚、あぁ、そうãĒんだ。。。ありがとう。。。」

 

 

 

 

 

すãŖかり場ぎįŠē気がヘãƒŗãĢãĒãŖãĄã‚ƒãŸæ™‚ãĢA子が、

 

 

「ãĒんかさぁ、äģ•åˆ‡ã‚Šį›´ã—ãĢ外でéŖ˛ãžãĒいīŧŸã€ãŖãĻææĄˆã•ã‚Œã€ããŽæ–šãŒã‚¤ã‚¤ã‚ˆã­ãŖãĻäē‹ã§ã‚ĩクãŖとæē–備した。

 

 

 

 

å‡ēかける時ãĢAå­ãŒã€äž‹ãŽå°éƒ¨åą‹ãŽãƒ‰ã‚ĸãĢ向かãŖãĻåĢんだ。

 

 

ã€Œã†ãĄã‚‰ãŒå¸°ãŖãĻくるぞでãĢã€ãĄã‚ƒã‚“ã¨ã‚­ãƒŦイãĢ掃除しときãĒよ。

 

あたしぎおåŽĸã•ã‚“ã‚’æ€–ãŒã‚‰ã›ãŸã‚Šã€æąšã‚ŒãŸã‚‚ãŽã‚’äŊŋわせたりしãĒいでīŧã‚ã‹ãŖたīŧŸīŧã€

 

 

 

 

å°éƒ¨åą‹ã‹ã‚‰ã¯åŖ°ã‚„éŸŗ、äŊ•ã‚‚čžã“ãˆãĒかãŖたけお、

 

äŊ•ã¨ãĒãã‚ˇãƒ§ãƒŗボãƒĒしãĻいるようãĒįŠē気を感じたぎは気ぎせいだろうか。。。īŧŸ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

īŧˆįļšãīŧ‰

 

 

 

 

はい、äģŠæ—Ĩはここぞで。

 

äŊ•ã¨ã€Aå­ãĄã‚ƒã‚“ã¯åšŊ霊よりåŧˇã„ãŖãĻäē‹ãŒåˆ¤æ˜Žã—たんですねw

 

 

ここから先、もãŖとã‚ĒãƒĸロくãĒãŖãĻいくんでご期垅くださいww

 

 

 

 

 

 

 

では、

 

21時からぎã‚ŋãƒĒョナãĢå‚™ãˆãžã™ãŽã§ã€‚ã€‚ã€‚đŸ‘‹đŸ’œ