mijita212’s diary

Tener nada más que

昨夜見たのさ。

 

 

 

 

 

 

 

めさめさツラい時ほど、思い出す。

 

 

例えば、仕事で失敗したとかで弱音を吐きたくなっちゃった時。

 

 

そんな時ほど、あの人が傍にいて欲しいって思う。

 

 

 

逆に、

 

めっさ順調な時、誇らしい時にもいて欲しい。

 

こんな自分も見てて欲しいって思う。

 

 

何か成功した時に、

 

”こんな時、今ここにいたらイイのに。。。”って思う。

 

 

 

人生のちょっと極端な場面でそこにいないと、胸の中に思い浮かべてしまう。

 

人生の節目に必ず思い浮かべてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風に、

 

あたしがそう思っているように、

 

 

 

あの人もそう思ってるっていう、夢を見た。