mijita212’s diary

Tener nada más que

彼らがお手本

 

 

 

 

 

 

 

ホントは金曜日あたりに書こうと思ってたんだけどさw

 

 

 

 

 

木曜日、ヨガを休んでSSTVアワードのOAを生で観たわよ。

 

そう、堅が出たからよ~~ん♫

 

 

確か堅は、ビデオオブザイヤーだったかしら?。。。ノンフィクションのMVで。

 

ちゃんとステージでパフォーマンスもしてね。。。イイ感じだった。

 

 

パフォーマンス後に司会のせいこうさんとかユースケ&キャリーとの会話の中で、

 

毎回めっさMVに力入れてる的な話してた。。。まぁ、どっち発信かは別としても、

 

もうずっと手は抜けないって事ですよね。。。なかなかプレッシャーだよね。

 

でもきっと、それでもイイって本人が思っているんだろうなぁ~~って観てて思った。

 

曲を作るだけでも相当大変だと思うんだけど、

 

それプラス映像の事までひっくるめて考えていかなきゃならない。

 

でも、表現者としてはきっとその方が当たり前になってくるのかもしれないよね?

 

堅が表現の幅を拡大していくのは素晴らしい事だ。

 

 

 

 

 

 

 

さっき、NHK FMでせっちゃんの番組やっててさ。

 

今週・来週の2週に渡って1時間半ずつの番組で、けっこうじっくり聴き入れるの。

 

ホントはミュージシャン本人ひとりで進めてく番組なんだけど、せっちゃんてひとりでは無理だからww

 

んで、アシスタントとしてせっちゃんがオファーしたら快諾してくれたのが蔦谷好位置くんでさぁ~~w

 

あの、音楽理論がっつり語れてしかも番組の仕切りも上手い蔦谷くんです♫

 

さすがせっちゃん、ナイスチョイスっすww

 

蔦谷くんも道民なんで、あたしの中で勝手に ”名誉道民” になってますww

 

 

せっちゃんと蔦谷くんの音楽談義がめさめさ楽しかったぁ~~って来週もあるからっ!

 

せっちゃんは最後の方で、自分の最近の曲、【はじまりのサンセット】の前奏の不協和音について、蔦谷くんに意見を求めていたんだけどさ。

 

えぇ~~あそこはアレでイイよ~~~別に気にすることないよぉ~~って思っててさ、あたしは。

 

蔦谷くんも、ぜんぜん問題ないって言ってて、

 

でもストリングス入れてる時(元の音源)は気にならないけど、ギター1本だと気になるって言うなら、

 

コードをほんのちょこっと変えたら、もしかしてもうちょっと本人的にしっくりくるかも?ってアドバイスしてて、

 

そこがすげぇなぁ~~~~って思ったね、蔦谷くん♫ さすがだわぁ(*'ω'*)

 

 

 

んで、番組中でせっちゃんの曲流したり、過去のエピソードあれこれ聞いていて、

 

もちろん蔦谷くんはせっちゃんと飲み友だちだから前から知ってるだろうし、

 

あたしも一応、一ファンとして知ってるつもりなんだけどさ。

 

蔦谷くんが言ってたんだよね、

 

「和義さんはこぅ、普段喋ったりしていると温和な性格のように感じるけど、音楽聴くとめちゃくちゃ攻撃的でパンクな人ですよね」って。

 

あと、

 

「何だかんだ言って、和義さんは頑固ですよね。。。音楽の事って一度こぅと決めたら絶対に曲げないww」って。

 

そうなんだよなぁ。。。あぁ見えて頑固だよね、せっちゃんは。

 

 

でもさぁ、イイと思うんだよね、アーティストが頑固なのは。

 

堅も最近、頑固というか、我を通すっていう事にトライしていると思う。

 

なんちゅーか。。。柔軟性を持ちつつ、芯は曲げないみたいな?

 

 

そーいった心持が伝わってくる。。。活動から。

 


 堅は、『考える葦』 を地で行く人だ。

 

 

 

そーいったものを受け取ると、めっさ心強く思う。

 

自分の中にもそーいったものを取り入れたいって思ってさ。

 

 

 

だからずっと、好きなミュージシャンを観察しちゃうw