mijita212’s diary

Tener nada más que

むげねぇ。。。

 

 

 

 

 

 

 

今日、日中映画を観てきた。。。

 

 

www.longride.jp

 

まだ上映中の映画だからネタバレはできないけど、

 

感想をひと言で言うと、「むげねぇ。。。」だ。

 

 

 

てか観終わった時、自然とこの言葉がアタマん中に浮かんだ。

 

 

 

この言葉は以前、”ほんのろ” 観てた時に出てきた言葉で、

 

確か大分とかそっちの方言で、可哀そうとか惨いとか酷いっていう、感嘆の表現だったかと記憶していて。

 

なぜかその言葉がふと浮かんできて、ずーーーっと離れない。

 

 

 

てか↑の公式サイトの中に、”感動” って書かれたのが一瞬映ってたけど、

 

感動なんてシーンはあたしの中にはなかったよ。

 

ただひたすら怒りとか哀しみとか絶望とか諦めとか、そんな映画だったと思ってて。

 

何をもってして感動と言っているのか、理解できない。。。

 

日本の配給会社はちょっとおかしいんじゃないのか?

 

きっと、自分の人生にはこういった事は起こりえないと信じきっていて、

 

この中の出来事は他人事だし、その他人事に共感できない、その立場に身を置くという想像力がないから、

 

そんな軽々しく感動だなんて言葉を使えるんだろう。

 

 

クソである。

 

 

 

 

 

 

 

まだしばらく上映中だと思うので、多くの人に観てもらいたいと思う。

 

あの映画を、どの立場で、どの目線で観るのか。。。その目線はどれくらい先まで見据えるのか。。。

 

観た後、銘々で考えてみるのがいいと思う。

 

 

 

 

この映画がこの時期に作られ公開された意味を、

 

あらゆる国の、あらゆる人種が考えるべきだと思う。